吃音の原因・治療法・克服法

吃音は一生なおらない病気だと諦めていませんか?


実は、多くの人が知らない吃音の本当の原因を知れば


吃音を克服することは可能なのです!


あなたが吃音者になってしまった3つの要素とは?


吃音症とは?

 

吃音症と言うのは、言葉が詰まってしまう、

 

無音になって黙ってしまうなど、

 

スムーズに話ができない病気です。

 

 

わかりやすく言えば、どもりと同じですね。

 

 

私も病院で「吃音症です」と言われた時にピンときませんでしたから、

 

詳しい人は少ないのかもしれませんね。

 

 

例えば、「おはようございます」という簡単な言葉でも、

 

「おおおおおおおはようございます」と「お」の言葉を連発してしまう、

 

また「おーーーーーーはようございます」のように、

 

最初の言葉を伸ばす人もいます。

 

 

さらに、最初の言葉が出てこなくて、

 

しばらく無音状態になるケースもあります。

 

 

このように、吃音症は同じ言葉を繰り返してしまう、

 

言葉が出ずに黙り込んでしまうなど、症状には個人差があります。

 

 

電話で話をしようとしても、言葉がうまく出てこずに、

 

相手から切られてしまうことも、少なくありません。

 

 

吃音症は、医学的には言語障害の一つとされています。

 

言語障害と言われると、ちょっと嫌な気分になる人もいるかもしれませんが、

 

吃音症とは、コミュニケーション障害の一種なのです。

 

 

障害と言われると、ちょっと嫌な感じもしますが、吃音症の治療を進めるうち、

 

吃音症は言語障害だからこそ、病院での治療も受けられるし、

 

改善させることも可能なんだと、考えられるようになったのです。

 

 

精神的な要素も深く絡んでいるので、

 

うまくコントロールしながら付き合うのが、

 

改善への近道とも言えますね。

 


元本保証