吃音の原因・治療法・克服法

吃音は一生なおらない病気だと諦めていませんか?


実は、多くの人が知らない吃音の本当の原因を知れば


吃音を克服することは可能なのです!


あなたが吃音者になってしまった3つの要素とは?


無声型の吃音

 

吃音の中で、無声型があります。

 

 

これは、「私は・・・」と話す際に、

 

「・・・・・・・・わ」と、最初の一言が出てこずに、

 

無言になってしまう吃音です。

 

 

相手との会話のキャッチボールが難しくなるので、

 

話をするのを避けるようになります。

 

 

また、無声型の吃音の場合には、言葉を発するまでに、

 

体が不自然に動く随伴症状が出やすいのも特徴です。

 

 

体の動きを抑えようとすれば、

 

言葉が出てこなくなるという繰り返しです。

 

 

ただし、この無声型の吃音では、

 

言葉が出なくなる単語が決まっているケースが多く、

 

その言葉さえ使わなければ、

 

比較的スムーズに話が出来る人も多いのです。

 

 

連声型のように、最初の一言目を連発するタイプとは少し違うので、

 

吃音症であるとわからない場合もありますね。

 

 

ですが、特定の言葉を使わずに話をすると言うのは、

 

どうしても会話が不自然になります。

 

 

年齢が低い時期にはそれで大丈夫でも、

 

大人になると様々な場面に遭遇しますから、

 

吃音が出てしまうことも多くなるでしょう。

 

 

社会人になって、電話の応対で吃音の症状が出て、

 

電話を切られてしまったという、

 

苦い経験をお持ちの人もいるかもしれません。

 

 

無声型の吃音の場合、連発型や伸発型を気にして、

 

無声型に移行したケースもあります。

 

 

言葉を話すことに気を使いすぎる人が、こうした吃音が出やすいので、

 

慎重な人になればなるほど、症状が起こりやすいのかもしれません。

 


元本保証