吃音の原因・治療法・克服法

吃音は一生なおらない病気だと諦めていませんか?


実は、多くの人が知らない吃音の本当の原因を知れば


吃音を克服することは可能なのです!


あなたが吃音者になってしまった3つの要素とは?


中阻性の吃音

 

中阻性の吃音は、言葉の途中で途切れてしまうもので、

 

「こんにちは」と言うところが、

 

「こん・・・にちは」となってしまうのです。

 

 

普通に話をしていたのに、いきなり黙り込んでしまうため、

 

相手が不思議に思い、雰囲気が悪くなってしまいます。

 

 

最初の言葉が出なくなってしまう、難発型と似ていますが、

 

言葉が途切れるといった部分では、やや違っていますね。

 

 

中阻性の吃音では、話をしている、または文章を読んでいる最中に、

 

「また言葉が出なくなるのではないか」という不安が常にあります。

 

 

自分がどんな言葉に詰まりやすいのかがわかっているため、

 

その言葉が来るとわかった時に、発語が出来なくなるのです。

 

 

さらに、その言いにくい言葉を避けようとして会話をするので、

 

会話が不自然になる可能性があります。

 

 

同じような言葉ばかりを使うために、

 

コミュニケーションがうまく取れないことも多くあります。

 

 

しかも、連発型のような明らかに吃音とわかる症状ではないので、

 

周りの理解を得られないこともあります。

 

 

苦手とする言葉さえ使わなければ、比較的スムーズに話が出来るので、

 

吃音とは無関係と判断されることもあるのです。

 

 

私自身、中阻性の吃音と言うのは、よく知らなかった症状ですから、

 

吃音に関心のない人ならなおさらでしょう。

 

 

その反面、吃音は、中阻性に限らず様々症状が出る可能性が高いので、

 

あなたが自分の吃音で悩んでいるのであれば、まず症状をしっかり把握しましょう。

 


元本保証