吃音の原因・治療法・克服法

吃音は一生なおらない病気だと諦めていませんか?


実は、多くの人が知らない吃音の本当の原因を知れば


吃音を克服することは可能なのです!


あなたが吃音者になってしまった3つの要素とは?


発達性の吃音

 

発達性の吃音とは、1歳半から3歳くらいまでの子供が、

 

覚えた言葉を一生懸命話そうとする時に、

 

うまく話せずにどもることを指します。

 

 

発達性の吃音は、脳の言語中枢の発達が未熟なことで起こるのですが、

 

異常ということではありません。

 

 

小さな子供が、うまく話ができないことは当たり前で、

 

実際に私の息子も言葉に詰まっていました。

 

 

それを吃音だと判断するかどうかは、一緒にいる親の考え方ですが、

 

成長過程の一つだと捉えるべきではないでしょうか。

 

 

小さな子供が、言葉に詰まるのをあえて指摘されてしまうと、

 

今度はしっかり話をしようとして、言葉に詰まるのではなく、

 

どもってしまいます。

 

 

発達性の吃音は、れっきとした吃音ではなく、

 

成長過程での言葉を話す段階の一つですから、

 

あまり神経質になることは避けたほうが無難です。

 

 

私の場合は、この時に息子に話し方を注意していました。

 

実は、この注意が新たな吃音を生み出してしまうとは、

 

全然理解していなかったのです。

 

 

あまりに注意を多くすると、確かに私と話をする時の息子の表情が、

 

硬くなっているのはわかっていましたが、まさかそれが原因で、

 

本格的な吃音症状が出てしまうとは、わからなかったのです。

 

 

発達性の吃音の時点では、

 

周りがあまり関与しすぎないことが大切です。

 

 

ほとんどの場合、吃音の症状は自然に消滅してしまいますから、

 

神経質にならずに様子を見ましょう。

 


元本保証