吃音の原因・治療法・克服法

吃音は一生なおらない病気だと諦めていませんか?


実は、多くの人が知らない吃音の本当の原因を知れば


吃音を克服することは可能なのです!


あなたが吃音者になってしまった3つの要素とは?


吃音を発症する年齢

 

吃音を発症しやすい年齢とは、

 

言葉を覚えたての幼児期が一番多いようです。

 

たくさん言葉を話し始める2歳から4歳くらいの頃でしょうか。

 

 

確かに、この頃の年齢は、言葉を話そうと一生懸命で、

 

最初の言葉を繰り返すこともあれば、言葉に詰まることもあるでしょう。

 

 

これは、話をしようとする脳からの命令が、

 

神経を通じて伝わるスピードと、

 

発声器官の働きのバランスが悪くて起こる可能性が高く、

 

成長と共に解消されることがほとんどです。

 

 

ですから、「もしかして吃音症?」と思っても、

 

いつの間にか治っていた、なんてこともよくあります。

 

 

ただし、この時期に親御さんが神経質になって、正しく話をさせようとすると、

 

子供さんが「自分の話し方は変なんじゃないか?」と感じ始めてしまいます。

 

 

子供の場合、吃音を自覚し始めると、それを指摘されまいとして、

 

話をすることに躊躇します。

 

 

自分では一生懸命に話をしようとしても、

 

途中でさえぎられるようなことがあると、

 

子供ながらに、話すということに恐怖を感じてしまうのです。

 

 

つまり、言葉に詰まった状態がずっと続くことになり、

 

それが習慣化してしまうわけです。

 

 

もちろん、吃音を発症する年齢は、幼児期だけではありません。

 

何らかの環境の変化がある時期や思春期など、個人差があります。

 

 

比較的発症しやすい年齢が、幼児期ではありますが、

 

いつ発症してもおかしくないと、考えておいた方が無難ですね。

 


元本保証