吃音の原因・治療法・克服法

吃音は一生なおらない病気だと諦めていませんか?


実は、多くの人が知らない吃音の本当の原因を知れば


吃音を克服することは可能なのです!


あなたが吃音者になってしまった3つの要素とは?


痙攣性発声障害

 

吃音の原因に、痙攣性発声障害も挙げられます。

 

痙攣性発声障害とは、のどが詰まって声が出にくくなるのが主な症状です。

 

 

機能性や心因性の発声障害と間違えられることも多く、

 

診断名がつくまでに時間がかかる傾向があります。

 

 

私たちが話をする、つまり声を出す時には、

 

声帯の筋肉が働いています。

 

 

ですが、痙攣性発声障害の場合には、

 

この声帯が過剰に収縮してしまい、

 

声帯が閉じてしまって声が出なくなるのです。

 

 

なぜ声帯が過剰に収縮してしまうかは、

 

神経の働きが関係していると言われていますが、

 

正直なところはっきりとした原因がわからないのです。

 

 

のどが詰まって息苦しい、声が途切れたり震えたりするので、

 

思うように話ができません。

 

 

痙攣性発声障害はアナウンサーやオペレーターなどの、

 

声をよく使う職業の人に多いと言われていますが、

 

吃音の原因でもあるのです。

 

 

吃音の原因というと、精神的な要素が大きいため、

 

痙攣性発声障害であると、判明するまでにも時間がかかります。

 

 

専門家でも、痙攣性発声障害が、

 

吃音の直接的な原因であると判断することは、

 

非常に難しいと言われています。

 

 

吃音があって、さらにのどが詰まるような感じが続いているのであれば、

 

痙攣性発声障害を疑ったほうがいいかもしれません。

 

 

痙攣性発声障害の場合、治療法は手術や発声練習、

 

筋肉の緊張を取る注射などの治療法がありますが、

 

どれを選ぶかは慎重に検討しましょう。

 


元本保証