吃音の原因・治療法・克服法

吃音は一生なおらない病気だと諦めていませんか?


実は、多くの人が知らない吃音の本当の原因を知れば


吃音を克服することは可能なのです!


あなたが吃音者になってしまった3つの要素とは?


パーキンソン病

 

パーキンソン病は、神経の変性疾患で、

 

原因がわかっていない病気です。

 

 

50〜60代あたりで発症することが多く、

 

神経伝達物質のドーパミンが不足することで、

 

手足の震えやこわばりが起こりやすくなります。

 

 

パーキンソンと言う病名は知っているけれど、

 

それが吃音と関係があるの?と思う人も、

 

いるかもしれませんが、実は関係は深いのです。

 

 

というのも、パーキンソン病では、手足の振るえだけでなく、

 

自律神経症状や、睡眠障害などの精神障害も起こりやすくなります。

 

 

また、動作が緩慢になるなどの運動症状もあり、

 

吃音は言葉がうまく出てこない運動症状の一つでもあります。

 

 

自律神経症状も、吃音の原因と言われていますから、

 

どちらも吃音の原因に当てはまってしまっているのです。

 

 

パーキンソン病の症状は、他にもありますが、

 

必ずしも吃音症状が出るわけではありません。

 

 

どちらかといえば、運動症状や精神症状が多く、

 

吃音が出ていても、気づかれないケースがほとんどです。

 

 

これは、パーキンソン病にかかる年代が60代前後ということもあって、

 

そのころの言葉の状態が吃音かどうか、はっきりしないためです。

 

 

稀に、30〜40代でパーキンソン病にかかると、

 

吃音が目立つかもしれません。

 

 

また、パーキンソン病が原因で吃音が出ているのであれば、

 

専用の薬を用いれば、改善する可能性があります。

 

 

パーキンソン病自体が、原因不明の病気ですから、

 

効果の高い薬が少ないことは事実ですが、

 

症状を和らげることは可能です。

 


元本保証