吃音の原因・治療法・克服法

吃音は一生なおらない病気だと諦めていませんか?


実は、多くの人が知らない吃音の本当の原因を知れば


吃音を克服することは可能なのです!


あなたが吃音者になってしまった3つの要素とは?


認知行動療法

 

認知行動療法は、吃音だけでなく、

 

精神的な疾患のある人に行われる治療法です。

 

 

これも、疾患の根本的な治療とはならないのですが、

 

吃音のように精神的な作用が大きい分野では、

 

有効的な手段だと言えるでしょう。

 

 

例えば、吃音のある人が、人前で話をした時に、

 

言葉に詰まったとします。

 

 

するとそこで、「今の失敗に、周りはどんな風に思ったのだろうか」

 

「変な話し方だと思われたに違いない」など、マイナス思考の傾向が強いのです。

 

 

そして、その経験を覚えてしまうために、

 

次に似たような場面に遭遇すると、

 

その時のことが思い出され、吃音が出やすくなります。

 

 

私たちの脳は通常、落ち込むようなことがあっても、

 

ストレスを感じすぎないように、

 

無意識のうちに認知や行動を修正しています。

 

 

こうした経験の積み重ねが、

 

吃音の症状を悪化させることにもなるのです。

 

 

ですが、不安や緊張が大きい状態が続くと、

 

そうした修正もできなくなってしまうのです。

 

 

そこで、認知行動療法を活用して、

 

吃音の症状を緩和させるのです。

 

 

認知行動療法では、吃音が出た時の状況を振り返り、

 

自分の行動や感情を修正するものです。

 

 

吃音が出てしまった時に、「変な話し方だと思われた」と思い込むのではなく、

 

「今日は調子が悪かったかも」と、前向きな考え方ができるようにしていくのです。

 

 

吃音の場合、経験したことがトラウマとなって症状が進みますから、

 

自分自身の考え方を認知行動療法で変えていくことはとても有効です。

 


元本保証