吃音の原因・治療法・克服法

吃音は一生なおらない病気だと諦めていませんか?


実は、多くの人が知らない吃音の本当の原因を知れば


吃音を克服することは可能なのです!


あなたが吃音者になってしまった3つの要素とは?


吃音は放っておくと悪化しますか?

 

そうですね、吃音のそのままにしておくと、

 

症状が悪化しやすくなります。

 

 

吃音の初期段階は、連発型と言って、

 

最初の言葉を連発してしまう症状です。

 

 

「こんにちは」と言いたいのに、

 

「ここここ・・・こんにちは」といった感じです。

 

 

多少の言葉の詰まり方なら、そのままでもいいのですし、

 

この段階であれば、自然に消滅してしまうこともあります。

 

 

ですが、その詰まりを誰かに指摘されたり、からかわれたりすると、

 

吃音が出ないように意識が働きます。

 

 

吃音は自覚した瞬間から、それを何とかしようとして、

 

発語の仕方が変わります。

 

 

同じ言葉を連発しないように、

 

最初の言葉を伸ばしがちになるのです。

 

これが伸発型の症状です。

 

 

伸発型の症状が出ているということは、

 

吃音を自覚している証拠でもありますから、

 

この段階で放っておくと、明らかに症状は悪化します。

 

 

できればこの段階で、何らかの手を打ちたいものです。

 

伸発型と連発型が組み合わさると、会話が成立しにくくなります。

 

 

そのうちに、言葉が出てこなくなってしまう無声型に移行すると、

 

状態はかなり深刻です。

 

 

周りとの接触を避けるようになり、

 

引きこもりやうつ症状が出る人も少なくありません。

 

 

また、自律神経失調症などの疾患が絡んで、

 

体調を崩す人も多いのです。

 

 

最悪の場合には、命を絶ってしまうケースもありますから、

 

吃音に気づいたら、早目の対応がポイントです。

 


元本保証