吃音の原因・治療法・克服法

吃音は一生なおらない病気だと諦めていませんか?


実は、多くの人が知らない吃音の本当の原因を知れば


吃音を克服することは可能なのです!


あなたが吃音者になってしまった3つの要素とは?


吃音の薬で使われるルボックスとは何ですか?

 

吃音治療に使われるルボックスは、

 

主にうつ症状やうつ病の治療に使われます。

 

 

うつ病などでは、ドーパミンやアドレナリンといった物質が過剰に増えてしまい、

 

神経細胞の働きが混乱してしまうため、それを抑制するのがこのルボックスです。

 

 

ルボックスには、セロトニンの濃度を高める効果があって、

 

不安感を鎮める作用があります。

 

 

「うつ病の薬が吃音に効くのか?」と思われるかもしれませんが、

 

気持ちを落ち着かせて、緊張や焦りが軽減されるのですから、

 

これは吃音の症状と似ているといえます。

 

 

実際に、吃音の治療でも、処方されている人が多いのですから、

 

ルボックスは吃音にも一定の効果があるでしょう。

 

 

特に、吃音によるあせりや不安感を取り除く効果を

 

感じている人が多いようです。

 

 

ルボックスは、こうした精神安定薬の中では、

 

副作用も少なく、安心感の高い薬ですが、

 

副作用が全くないわけではありません。

 

 

ルボックスの副作用には、筋肉のこわばりや口の渇き、

 

吐き気を感じる人もいます。

 

 

副作用は個人差が大きいので、一概に言えませんが、使用する前には、

 

担当の医師から説明がありますから、よく聞いておきましょう。

 

 

また、ルボックスは、服用をいきなり中止すると、

 

症状が元に戻りやすいので、症状が改善しても、

 

少しずつ量を減らす必要があります。

 

 

ですから、ルボックスを使って、調子が良いからといって、

 

勝手な判断で服用を中止すると、

 

前よりも症状が悪化することがありますので、

 

量の調整には十分注意しましょう。

 


元本保証