吃音の原因・治療法・克服法

吃音は一生なおらない病気だと諦めていませんか?


実は、多くの人が知らない吃音の本当の原因を知れば


吃音を克服することは可能なのです!


あなたが吃音者になってしまった3つの要素とは?


吃音とどもりの違いは何ですか?

 

吃音とどもりは、どこが違うのですか?

 

吃音のある人はどもりやすいのでしょうか?

 

どもりが悪化すると吃音になるのですか?

 

 

などの質問をよく受けますが、実は吃音とどもりは同じです。

 

 

以前は、どもりは訓練すれば治って話ができるようになるが、

 

吃音は病気だからなかなか治らず、精神的にも負担が大きいという、

 

イメージがあったようです。

 

 

難しい言葉になればなるほど、

 

厄介な病気という思い込みもあったのかもしれませんね。

 

 

吃音と言われると、「病気が原因の言語障害では?」と思いがちですが、

 

もともとは、吃音のことをどもりと呼んでいたのです。

 

 

裸の大将で有名な山下清さんのドラマでは、

 

「どもっている」という表現でしたね。

 

 

また、日常的に吃音があることも、

 

「どもりがある」と言っているケースが多いので、

 

どちらかというと、どもりのほうが、

 

なじみがあると言った方がいいでしょう。

 

 

では、どうして吃音という呼び名になったのか?

 

それは、どもりという言葉が差別的であるために、

 

吃音という言語障害の呼び名に変えたのです。

 

 

病院などでは吃音の方が、よく使われていますが、

 

こうした質問を受けるということは、

 

まだまだ吃音という言葉が浸透していないのかもしれませんね。

 

 

吃音が言語障害であるという定義も曖昧で、

 

治療法が確立されていないことからも、

 

今でも何かと難しい面が多いのです。

 


元本保証