吃音の原因・治療法・克服法

吃音は一生なおらない病気だと諦めていませんか?


実は、多くの人が知らない吃音の本当の原因を知れば


吃音を克服することは可能なのです!


あなたが吃音者になってしまった3つの要素とは?


吃音と発声障害の違いは何ですか?

 

発声障害と言うのは、声を出す時の様々な症状を指しています。

 

機能性発声障害や心因性発声障害、痙攣性発声障害など、

 

吃音に似た症状がいくつもあります。

 

 

発声障害の多くは、声帯に問題があって症状が起こります。

 

痙攣性発声障害は、声帯が自分の意識とは関係なく、

 

異常な動きをしてしまうために、声が震えたり詰まったりします。

 

 

中には声がかすれてしまって、

 

会話が続かないケースもあるようです。

 

声の詰まりという点では、吃音とよく似ていますね。

 

 

しかも、こうした声帯の疾患は、

 

詳しい検査を行わない限り、異常が発見できません。

 

 

医師の間でも、あまり知られていないことが多く、

 

病名を突き止めるまでには、

 

かなりの時間がかかることがあるようです。

 

 

国内でも、発声障害の原因を明らかにできる病院は、

 

数が限られているとのことです。

 

 

痙攣性発声障害の場合には、外科的手術を行う方法や、

 

発声訓練などが行われます。

 

 

吃音の場合は、外科的な手術はありませんが、

 

発声訓練という点では共通していますね。

 

 

発声障害の場合にも、吃音と同様、原因がなかなか特定できず、

 

心理的な要因も関係していて、治療には時間がかかるとのことです。

 

 

言葉を話すという分野の障害は、

 

吃音に限らず非常に難しいと言うことですね。

 

 

ですが、吃音とは根本的な部分で違いがあるので、

 

そこを把握しておきましょう。

 


元本保証