吃音の原因・治療法・克服法

吃音は一生なおらない病気だと諦めていませんか?


実は、多くの人が知らない吃音の本当の原因を知れば


吃音を克服することは可能なのです!


あなたが吃音者になってしまった3つの要素とは?


ウェンデル・ジョンソンとは誰ですか?

 

ウェンデル・ジョンソンとは、

 

アメリカの吃音研究で知られた心理学者です。

 

吃音の父とも呼ばれ、音声病理学者としても有名です。

 

 

「吃音は、吃音と診断された時から始まる」という彼の言葉は、

 

吃音を自覚することで、症状が悪化することを証明していますね。

 

 

また、「吃音を親が指摘してはいけない」ということも説き、

 

子供の吃音に関しては、干渉し過ぎないことを話しています。

 

 

そのことで、子供の吃音が悪化するのは、

 

親の育て方が悪いという考え方が、

 

一時期言われていましたが、

 

ウェンデル・ジョンソンの言いたかったことは、

 

「吃音を気にしすぎてはいけない」だったのでしょう。

 

 

現在は、吃音に気づいたら、早めに受診などをして、

 

子供が完全に自覚する前に手を打つのが望ましいとされています。

 

 

ウェンデル・ジョンソンが唱えた、「診断起因説」は、

 

最近の考え方とは違う部分もありますが、

 

吃音の考え方の元になったのは確かです。

 

 

この人がいなければ、吃音に関しての研究は

 

もっと遅れていたかもい知れません。

 

 

また、発吃(吃音の発症)の起こる年齢を

 

2歳代後半から4歳あたりとしたのも、彼の功績です。

 

 

吃音の問題についても、言語症状だけでなく、周りの環境や、

 

自己認識も大きく関係していることを説いています。

 

 

さらに、吃音のメカニズムを生み出したことでも、

 

ウェンデル・ジョンソンは知られているので、

 

まさに「吃音の父」と呼ぶのにふさわしいでしょう。

 


元本保証