吃音は一生なおらない病気だと諦めていませんか?


実は、多くの人が知らない吃音の本当の原因を知れば


吃音を克服することは可能なのです!


あなたが吃音者になってしまった3つの要素とは?


スキャットマン・ジョンさんは吃音症だったのですか?

 

スキャットマン・ジョンさんと言えば、

 

アルバム「スキャットマンズワールド」が、

 

全世界で600万枚以上を売り上げた有名ミュージシャンですね。

 

 

何を隠そう、この人も実は重度の吃音に苦しんでいたのです。

 

歌を聴く限りでは、吃音とは思えないという人も多いのですが、

 

これは彼の吃音を生かした歌になっているんです。

 

 

最初は独特のリズムかと思いましたが、

 

実は吃音を工夫したものだったんですね。

 

 

彼は子供のころから吃音に悩んでいました。

 

自分を吃音者であると認められずに、

 

苦しんだ時期が長かったといいます。

 

 

ところが、アメリカの吃音者団体の

 

ミーティングに参加したことがきっかけで、

 

彼は吃音者としての自分を受け入れられるようになりました。

 

 

ジャズピアニストとして活躍している最中に、

 

「意味のない言葉ならどもってもいい」と、

 

スキャットを取り入れた曲を作るようになります。

 

 

それが大ヒットして、一躍有名になったのです。

 

「スキャットすることで、私は吃音から自由になれた」という言葉が、

 

非常に印象的でしたね。

 

 

かつて、「インタビューを受けた自分の映像を見て、

 

吃音がほとんど感じられないことにショックを受けた」、

 

と話したことがあります。

 

 

自分の中で吃音を認め、それを生かしたことで、

 

いつの間にか流暢に話ができ、驚いたとのことです。

 

 

何かのきっかけで吃音を自分の個性と認める、

 

そこから新しい道が開けるのかもしれませんね。

 


元本保証