吃音は一生なおらない病気だと諦めていませんか?


実は、多くの人が知らない吃音の本当の原因を知れば


吃音を克服することは可能なのです!


あなたが吃音者になってしまった3つの要素とは?


周囲に吃音の人がいたらどのように対応すればいいですか?

 

吃音は、周りの対応ひとつで症状が変わります。

 

 

子供さんの場合には、吃音をからかわれたことで、

 

自分の中に閉じこもってしまい、

 

周りとの接触を避けるようになります。

 

 

もちろん、これは大人の吃音者でも同じことが言えますから、

 

周りにいるものとしては、間違った対応をしないように気をつけましょう。

 

 

まず、吃音は病気であることを認識しましょう。

 

 

吃音の原因ははっきりしていませんが、

 

言語障害の一つであることは明らかですし、

 

治療を受けている人もいます。

 

 

言葉が詰まる、うまく話ができないというのが主な症状ですが、

 

聞き取れないからといって、それを指摘したり笑ったりはいけません。

 

 

また、聞き取れないのに、わかったような返事をするのも避けましょう。

 

適当な返事をしていると「この人は私の話を聞いてくれない」ということで、

 

次から話をしてくれないかもしれません。

 

 

もちろん、正しい言葉を話させようと、

 

指摘するのもおすすめできません。

 

 

私たちは声の専門家ではありませんから、

 

どうやったらはっきり話ができるかなんて、

 

指導できるはずがないのです。

 

 

ですから、吃音者が一生懸命話をしている内容を聞き取ろうとする姿勢、

 

それが大切だと思います。

 

 

言葉で示すよりも、静観して見守ることも重要です。

 

 

子供さんの場合には、吃音があっても一生懸命話ができた時には、

 

しっかりほめてあげることがポイントです。

 


元本保証